Tokyoflash is temporarily closing the Design Studio Blog until further notice.

Code Breaker LED Watch Design

September 10th, 2010

Tokyoflash Design Studioから腕時計の新しいコンセプトデザインの提案です。最大の特徴であるケース形状は、正方形と円形を組み合わせた形状なので、四角か丸かで迷う必要はもうありません。ベゼル部分には数字が付いており、時刻を簡単に読めます。また、フェイス部分は金庫のような重厚な存在感を放っています。これであなたの大切な時間を守ってください。

素材はブラックコーティングを施したステンレス。LEDにはフューチャリスティックなグリーンを採用。時刻の読み方は簡単で、上側の窓で時間、下側の窓で分を表示する。分の表示は5分単位と1分単位に分けられて表示される。このコンセプトデザインはいかがでしょうか?色や形状についてなど、みなさまのご意見をお待ちしております。
Read the rest of this entry »

Place Your Bets On Casino Watch Design

September 10th, 2010

日本のAkinori Nemotoさんの作品。

カジノをテーマにしたコンセプトデザイン。今回のデザインのように表示部分に細かい表現が必要な場合、カラーLCDやペパーディスプレイが表示デバイスに適しているかもしれません。カードやチップは時刻を表示するのに使われます。図に表示されているように、右上のカードで時刻を表示します。ここでは、時間をカードの絵柄で表現します。1から10はそのまま数字で表示され、11はジャック、というふうに順番に表示されます。それ以外の部分は分を表示します。表示されている部分を数えることで分がわかります。

Read the rest of this entry »

A Unisex Concept Watch With Cryptic Etching

September 10th, 2010

アメリカのHeather Sableさんの作品です。

以下はHeatherさんのコメントです。これは「Boxed In」という名前のユニセックスで使える腕時計のデザインコンセプトです。特徴的なパターンは、時刻表示をしていない時でも目を楽しませてくれます。時刻表示ボタンがインターフェイスの中心にレイアウトされているのも特徴です。中心付近にレイアウトされたボックスで時間を表示します。また、上部と下部にレイアウトされたボックスで分を表示します。

線と箱だけで構成されたシンプルなインターフェイスは男女問わず使用できます。インターフェイスのレイアウトはバードアイビューでピラミッドを見たようにクールです。それらは一見すると、象形文字のように読みづらそうですが、少し練習して慣れれば、簡単に読み解くことが出来るでしょう。詳しくは下図をご覧ください。

Read the rest of this entry »

Night Vision Key Chain Concept

September 9th, 2010

TokyoflashDesignStudioから以前に掲載された、Night Visionの新しいコンセプトデザインです。クラシカルな懐中時計を、フューチャリスティックに再構築した新しいアイテムです。まったく違和感なく、美しく延長されたボトムケースには穴があり、ホルダーとして機能します。このホルダーにキーリングやチェーンなど、さまざまなアイテムを追加して使用することができます。また、グリーンのLEDからブルーのLEDにアップデートされています。

時刻の読み方はとても簡単です。六角形の外周に沿ってレイアウトされた12個のLEDはそれぞれ時間を表示します。アナログ時計と同様の位置にレイアウトされているので一目で時間が読めます。また、その内側にはデジタルで分が表示されます。

Read the rest of this entry »

Time Flies LED Pocket Watch

September 9th, 2010

カナダのGarett Buttramさんの作品。

以下はGarettさんの文章です。これらはポケットウォッチのコンセプトデザインです。1つ目はダーツをテーマにしたデザインです。2つ目はスパイラルをテーマにしたデザインです。

これらは2つの提案は、ポケットウォッチでは初のコンセプトだと思います。1つはオーガニックな外観で、もう1つはフューチャリスティックな外観。迷路のようなインターフェイスを持ったタイプは、時間の部分が少し読みづらいかもしれません。異なる色で表示すればもっと簡単に読めるかもしれませんが、時間を読む事を楽しむには、これぐらいミステリアスほうがいいかもしれません。

オーガニックな形状をしたタイプは、時間の読み方が簡単です。私には花のようにも見えるインターフェイスですが、みなさんはどのように感じられるでしょうか。このデザインは女性向きかもしれません。みなさんのご意見をお待ちしております。
Read the rest of this entry »

NEMOTO Vibration watch

September 9th, 2010

Akinori Nemotoさんの作品。

以下はNemotoさんの文章です。このデザインのコンセプトはミニマリストです。インターフェイスに時刻が表示されないという点でも、そのコンセプトを強く感じていただけると思います。時刻はモールス信号のように、バイブレーションで伝えられます。電波時計の機能が付いているので、時刻合わせも必要ありません。

今まで見た事のないような、このすばらしいアイデアは検討する価値があると思います。 過去には、視覚に障害を持った方の為の時計として、音で時刻を知らせるものや、点字の方法を利用したものがありましたが、バイブレーションで時刻を伝える方式はこれが初めてだと思います。

Read the rest of this entry »

Two Sided Triangle LED Watch

September 9th, 2010

スイスのLeuenberger Stéphaneさんの作品。

以下はStéphaneさんの文章です。特徴的な三角形のケースにした理由は、12と9が3の倍数だからです。技術的な革新というよりは、もっとファッションに近い提案をしようと思います。また、左右対称な形状も大切にしようと思います。

このデザインは、左右対称で両側に表示エリアを持つとても独創的でな形状で、さらにはファッションアクセサリーとしての素質を持ち合わせます。このコンセプトはとても魅力的で、さまざまスタイルに合わせて、ファッションをより個性的に楽しむことができます。このコンセプトについて、皆様のご意見をお待ちしております。
Read the rest of this entry »

DK02 LCD Watch

September 9th, 2010

スウェーデンのLorenzo Giさんの作品。

以下はLorenzoさんの文章です。私はグラフィックデザイナーとして毎日、形や色と向き合っています。この時計のコンセプトは、数字とフォントで抽象的な形を作成して時刻表示をおこないます。時間と分の表示部分にはグリッドがあり、それらの形状、レイアウトは非常にミニマルなデザインとなっています。am/pmや、日付の表示はなく、ただ2色で時刻が表示されるシンプルなデザインです。

以下はTokyoflashのコメントです。この作品は、独創的でありながら、シンプルで読みやすいという、インターフェイスデザインに関するとてもよい提案だと思います。45°にカットされた表示部分がシャープな印象を与え、よりフューチャリスティックなイメージを感じさせてくれます。これらは、表示デバイスにLCDパネルを使用することで、忠実に再現することが可能だと思います。

Read the rest of this entry »

Asymmetrical Alien Communicator Concept Watch

September 8th, 2010

ポーランドのMaciej Mandryszさんの作品。

この左右非対称な形状をした時計のコンセプトは、シンプル、モダン、クリーンです。SF映画に出てくるようなコンピューターインターフェイスにインスパイアされた作品です。左側の12個のLEDは時間を表示します。中央の10個のLEDは10分単位を表示します。また、右側の9個のLEDは1分単位を表示します。

Read the rest of this entry »

Futuristic GPS Watch – Designed For Space Travelers

September 8th, 2010

アメリカのVincent Rhodesさんの作品。

このデザインは「矢印」をモチーフにした幅広タイプの形状で、2つのスタイルが存在します。それは、ヘアラインを施した、真鍮製の「炎」と、ステンレス製の「氷」です。2つのスタイルでフューチャリスティックな美的感覚を呼び起こそうとしています。弓の形状をしたケースとレザーのストラップのコンビネーションは、宇宙時代の先進的なイメージだけではなく、快適な装着感をもたらします。また、幅広タイプのストラップには、ダブルバックルが採用されています。

この時計にはGPS機能が内蔵されており、現在地を記録することができます。また、ボタンを押すだけでほかの時計と同期したり、駐車した車を探したり、友人を探したりすることもできます。

Read the rest of this entry »

Magnetic Liquid Design Tells The Time

September 7th, 2010

Karim Zaouaiさんの作品。

化学を想像的に応用した、かつて見た事のないもの。ここにKarimが自身の作品について語った内容があります。

「この腕時計には、非常に敏感な磁気液体である磁性流体が使用されています。見えない針は歯車の形状によって表示されます。それらは機械式時計へのオマージュです。文字盤の空間に入れられた磁性流体は、時間の変化や、手首を傾けたりすることで、さまざまな表情を見せます。」動作状態をご覧下さい。 http://vimeo.com/14089353

Read the rest of this entry »

A Watch Design That Uses Words Instead of Numbers

September 7th, 2010
kisai_kaidoku_tynan_mayhew_concept_design_original_concept

(English)

Design submitted by Tynan Mayhew from Canada. (14 years old)

Tokyoflash Says: This watch design is in fact very simple to read at a glance – when you know how. We like that the LEDs light up the individual words in order so that you can follow the written numbers to calculate the time. Maybe it would be fun to have some different typefaces or even different LED colors to indicate hours, groups of 10 minutes and single minutes.

This concept has now become reality. Kisai Kaidoku is available to buy here. Read the rest of this entry »

Water Watch With Accelerometer

September 6th, 2010

ブラジルのFelipe Eiji Takahashiさんの作品。

以下はTokyoflashのコメントです。加速度センサーと液体をイメージしたインターフェイスの組み合わせはとても面白く、可能性を感じます。ただ、現状のままでは、現在時刻の位置に水位が定まらず、読みづらそうですね。例えば、オイルと水を組み合わせたような、二層の表示にするアイデアはどうでしょうか。下の層は現在時刻を表示したまま、上の層だけ液体のように動くようにすると、この問題は解決できそうです。

Drive.

September 6th, 2010

アルゼンチンのFrancisco Lupinさんの作品。

金属とレザーのコントラストをテーマにしたコンセプトデザイン。時刻の表示方法は通常のアナログ時計と同様。ダイヤルや歯車などのパーツが見える、繊細な表情をもったインターフェイスも特徴。

Read the rest of this entry »

VOLTure

September 3rd, 2010

ポーランドのMaciej Mandryszさんの作品。

電圧計にインスパイアされたコンセプトデザイン。大きいメーターの部分で、0、3、5、7、9時を表示し、左下の小さいメーターに表示された数値をたす事で現在時間を表示する。また、分の表示は右下の小窓にデジタルで表示される。フロントの時刻表示ボタンを押すと、短いアニメーションと共に時刻が表示されます。

Read the rest of this entry »